競馬で体験談がたまってきたので公開しちゃいます

これがわたしの競馬の体験談

競馬で儲けちゃった体験談

競馬は勝った時は簡単に感じ、負けた時は難しく感じるものです。同じ傾向の馬が1日のうちで何度も好走することがあります。例えばダートから芝替りで出走して来た馬が1日に何度も連絡みすることがあります。このような日は、芝の状態も力を要する馬場状態になっていることが考えられます。通常、芝のレースは良馬場ですとスピードに勝る馬が好走することが多いものです。

しかし普段ダートをよく使われている馬力が他の馬が芝のレースでも好走する日は、芝も雨などで重くなっていて、軽い芝で好走するタイプの馬にとっては力を発揮できない日と言えるのです。こういった傾向を午前中の早い段階で見抜いた競馬ファンは、その日は馬券で大きく勝てるチャンスがあります。馬券で大儲けしたことのある人の体験談を聞いていても、そういった馬場のちょっとした傾向を自分のものにしてしまって確信を持てれば、午後のレースの予想にも加えることが出来たというような例もあるのです。

また、こういった傾向は多くの人が気づいた後では遅いのです。メインレースあたりでテレビの解説者が、「今日の芝のレースは力のいる馬場状態になっているようです」と言えば、多くの人がそういったタイプの馬に狙いを定めるため、当たっても配当が低くなってしまうのです。従って馬券で勝ち組に回りたければ、毎開催日の馬場の傾向を早めに察知することも重要なポイントです。

また、枠順や出目にも注意したいものです。競馬は各馬が馬番や枠番という数字を背負ってレースが行われています。従って日によってよく出る数字と出ない数字が存在するのです。これは科学的な根拠はありません。しかし現実的にこういったことは起こり、やたらと1枠がよく馬券に絡む日や、外枠馬の活躍が目立つ日もあるのです。

結局長い目で見れば枠は8つが均等に出現するのですが、1日の12レースごとの単位ですと偏る日があるのです。こういったことは出目理論のような形で書店で競馬必勝本を買うと細かく書いている本もあります。統計を長く取り、それを根拠に理論が組み立てられていたりするので、非常に興味を引くものでもあります。馬券で儲けたという話には、万馬券も深い関係があるでしょう。

万馬券は取ると嬉しいものです。馬番連勝ですと、2着までに人気のない馬が突っ込んできて万馬券になりますし、枠番連勝ですと同枠にいた2頭ともがともにかなりの人気薄である場合に万馬券決着となります。長々と書きましたがさまざまな優良競馬情報をつねに仕入れる習慣を身につけておくことも重要です。ネット社会ですので、色々な競馬情報サイトがあります。そうした情報もマメに検索してみることも非常に重要です。競馬は情報が勝敗を制すといっても過言ではありません。運も大事かもしれませんが、情報はあなたを裏切りませんよ。

©2014 競馬の体験談をまとめて皆様に大公開しちゃいます